SITE NAVI借金苦から解放 債務整理を考えましょう
借金苦から解放 債務整理を考えましょう

自己破産などの債務整理で借金問題が解決できるかもしれません

債務整理には任意整理、民事再生、特定調停そして自己破産があります。債務整理を行う目的としては、借金などの債務を整理して日常生活が滞りなくできるようにするということがあります。借金が多くなり、利息の返済すらできない状態の場合、自分でその借金問題を解決するのは非常に難しいといえます。そのような時に、債務整理をすることによって問題を解決することができるのです。任意整理では債務者(借金をしている人)と債権者(お金を貸している人)が話し合いをして、今後の支払いの計画を取り決めるものです。他の債務整理に比べて法的な制限があまりないのがメリットですが、話し合いがこじれる可能性はあります。民事再生や特定調停は、裁判所が関係します。借金の返済義務は残りますが、財産などを保持できるのがメリットと言えるでしょう。

自己破産は、他の債務整理とは異なり、借金のほとんどの返済義務が免責となります。手続きは、地方裁判所に申し立てを行い、認められれば自己破産となります。メリットは、何といっても借金がほとんど無くなるという点です。デメリットとしては、財産はすべて手放す必要があるということがあります。しかし、生活に必要な最低限のものは所有が認めれるので安心です。また、金融機関のいわゆるブラックリストに載るために、7年程度はクレジットカードの作成や新たなローンはできないことが多いようです。債務整理の手続きは、自分で行うこともできますが、詳しいことが分からず不安な人も多いと思います。そんな場合には弁護士や司法書士などまず相談をしてみましょう。

お役立ち情報

Copyright (C)2017借金苦から解放 債務整理を考えましょう.All rights reserved.